『顔認識』

―― 「顔認識」などで使う画像認識や機械学習を簡単に使ってみる ――



そのためには、①まず環境準備が必要です。基本的にはソフトウエアのダウンロードとインストールが中心の作業です。
その次に②小手調べとして「顔認証」のプログラムを作ってみます。これは、画像認識の基礎で、そんなに難しくありません。
そして③じゃんけんゲームとなります。ここでは、教師データの作成も行います。



目次




名前 目的
1 環境準備 プログラムを作るにはいろいろな道具を使います。
今回はその道具をパソコンで使えるようにすることが目標となります。
   anacondaのインストール  まずは、ここから
2   いきなり顔認証 とりあえずは、顔認識を動かしてみます。 
  顔認証(構成中) 数行のプログラムを書くだけで顔認識のプログラムを動かすことが出来ます。
解説(構成中) 前回は、いきなり顔認識のプログラムを動かしましたが、
今回は顔認識プログラムのそれぞれで、何をしているかの解説になります。
ネコ耳をつける。(構成中) スマホで写真の顔に耳を付けたりする機能があります。
今回は、それを再現します。
3 じゃんけん 人とじゃんけんをするプログラムを作ります。
このプログラムでは、画像認識、機械学習などを使うことで実現します。
  あらすじ(構成中)  じゃんけんゲームのあらすじです。ここで全体像を見てください。
動体検知画像を使い画像を単純化する。(構成中)  
グーチョキパーの写真を数百枚撮る。(構成中)  
教師データ作成(構成中)  
 じゃんけんプログラム(構成中)